直すなら体の内側のケアも大切

ワキガを直すなら体の内側のケアも大切です。あなたが、本当に腋臭を治したいと願っているのであれば、これまでに試していなかったはずだと思われる体の内側にも目を向けてみましょう。
父親譲りのわきがは子供の頃からあったのですが、自覚したのは中学生の思春期になってからでした。
腋臭に対する、周りのいんしょもその頃から知りニオイ対策をしてきました。

まず、香りのある制汗スプレーを試しましたが、腋臭のニオイと混じり合い大変なことになりました。
自分でも嫌なニオイだなと思っていたので周りはもっとひどかったと思います。
幸い、友達にもわきがの子がいたので、色々と情報交換をしたり励ましあったりして頑張りました。
結果、無香料の制汗剤が一番効き目がある。
ニオイが出ても一番嫌なニオイになりにくいという事がわかりました。
とにかく別の良い香りでわきがのニオイを消したり誤魔化そうとしない事が一番だと思います。
それから、食べ物にも注意が必要です。
これはダイエットをすることにより気がついた事なのですが、玉ねぎやニンニクなど、食べ物自体に香りがあるものはわきがと汗のニオイを強くします。

具体的には、ニンニク、ネギ、玉ねぎ、エシャロットなどです。
似たような香りの野菜なのでイメージがしきやすいと思います。
それから、お肉も体重を強くするような気がします。
また、これはもしかしたらですが、体重や体脂肪率も関係しているかもしれません。
というのも、ある一定の体重以下になると、腋臭を含む体臭が気にならなくなります。
逆に一定の体重をオーバースルタと体臭、腋臭が気になります。

食生活が原因なのかはわかりませんが体の内側が変わるとわきがのニオイ改善につながるのは、私の場合は関係があるようです。
腋臭はかなり臭いますが、まず自分が腋臭という事を受け入れて自分を責めない事、そして、必ず下着=シャツを着ることで周囲へのニオイの伝わりはだいぶ軽減されるような気がします。
わきがを治すためには手術をしないといけないのか