わきがの臭いは食べ物によって強くなったり弱くなる影響はあるのか

わきがの臭いは食べ物によって強くなったり弱くなる影響はあるのかについての紹介です。

普段の食事の内容によって、わきがの臭いを強めてしまうことがあります。
食べ物によって、わきがの原因となっているアポクリン腺を刺激してしまって、わきがの臭いを悪化させてしまう食べ物があります。

動物性の食べ物は特にアポクリン腺を刺激しますので、肉類や油っぽい食べ物を多く摂取するほど、わきがの臭いが強くなります。肉類は動物性脂肪、中性脂肪などが多く含まれていますので、わきがの臭いの原因となる物質となってアポクリン腺から排出されるのです。

アポクリン腺を刺激しやすい食べ物としては、肉類(特に脂身の部分)、こってりした中華料理など、揚げ物などの油っぽい物、バターやチーズなどの乳製品、ファストフード、ジャンクフードなどがあります。ただし、脂質を極端に摂取しないことでも、わきが臭はきつくなってしまうのです。

なぜなら、脂質が不足することによって皮膚自体が不健康な状態になってしまい、臭いの発散を防ぐ皮膚の表面の皮脂膜が弱まるからです。
他には、香辛料が多く含まれている匂いの強い食品も、アポクリン腺を刺激して、わきがのニオイを強めてしまう原因となります。
それは、キムチ、エスニック料理、カレー、にら、たまねぎ、にんにくなどです。